気になるコーヒーカプセルのゴミの処理

気になるコーヒーカプセルのゴミの処理

コーヒーカプセルを使用した後に、どうしても出てしまうのがゴミです。



大きくわけて、コーヒーカプセル内に残ったコーヒーカスと、カプセルが主なごみになります。

コーヒーカスを有効利用する方法がたくさんあります。

例えば、コーヒーかすには小さな気泡があり、室内の嫌な匂いのもとであるアンモニアを捉えてくれるので、消臭剤代わりになります。
肥料にする方も多いです。家庭菜園や観葉植物の根元にまくことで土に戻ってくれます。

裁縫好きの方は、油分のあるコーヒーかすを針山にする方もいます。針を刺した時に適度な油分がつくので、針を布に通すときにスムーズになります。

朝日新聞デジタルに関する情報収集をサポートします。

珍しいところでは、猫避けに使う方もいます。
猫はコーヒーの香りを嫌う場合が多くなっています。

レギュラーコーヒー情報をお伝えします。

そのため、おなじく猫が嫌う柑橘類の皮を千切りにして乾燥させ混ぜ、おしっこやうんちをしてはいけない場所に置くと効果があります。

これ以外にも、重曹を混ぜて鍋汚れを落とす方もいます。
カプセル本体の処理も簡単です。


プラマークがあるものは分別ゴミへ、プラマークがないものは燃えるゴミへ捨てましょう。

また、カプセルマシン向けに、別売りのつめかえ用カプセルが販売されています。


この詰替え用カプセルを使えば、市販コーヒー豆や自家焙煎したコーヒー豆、インスタントコーヒーなども利用できます。
コーヒーカプセルを使えばどうしてもゴミが出てしまいますが、コーヒーカスは肥料にできます。

カプセルには、つめかえ用カプセルもあるので、所有しているカプセルマシンに合わせて利用すると環境負荷を小さくできます。

  • 納得の情報

    • 最近ではコーヒーメーカーの人気も高まり、多くの人が自宅でおいしいコーヒーを楽しむことができるようになっています。エスプレッソやドリップ式など様々な種類がありますが、その中でも特徴的なのがコーヒーカプセルです。...

      detail
  • 知っておきたい常識

    • 朝の目覚め、ランチタイム、一息ついた仕事の合間に一杯とコーヒー好きにはカフェインを摂取する機会が一日に何度も訪れます。コーヒーは少量であれば健康に良いという報告も各所からあがっていて、利尿作用や脂肪燃焼作用の効果も認められています。...

      detail
  • 最新情報

    • デカフェと言うのはカフェインレスコーヒーなどのようにカフェインを取り除いた飲み物全般のことで、コーヒーだけではなく紅茶やお茶、コーラなどのカフェインレスのこともデカフェです。健康志向の方や妊婦などカフェインを避けたいけれどコーヒーなどは飲みたいと言う人に広く愛飲されており、日本でも広がりを見せてきています。...

      detail
  • 納得の知識

    • コーヒーメーカーには、レギュラータイプやエスプレッソを淹れるタイプなど様々な製品がありますが、その中の1つにコーヒーカプセルを使用するタイプがあります。似たタイプとしては、カフェポッド式と呼ばれるものがあますが、大きく異なるのは、コーヒーカプセルでは、コーヒー自体が粉の状態では無く、濃縮したコーヒーを使用していることがあります。...

      detail